業務用厨房機材の購入者と納入業者の関係の見え方

業務用厨房機材の購入者と納入業者の関係の見え方
 しばらくぶりの更新。

 風邪で体調の良くない状態が長引くと,自分に残っている時間はもうあまりないのだろうとあらためて思う。

 ある動画で聞いた政治家と有権者の関係のありようが大変秀逸でと思ったので,ここでうろ覚えながら文字にしておこうと思う。

 有権者は「俺達の投票行動のおかげで代議しにしてやったんだ」と思っている。
政治家は「毎度くだらない陳情ばっかり持ってきやがって」と思っている。

 色々な関係に置き換えて比喩が可能なお互いの心情だろうな、と俺は思う。勿論俺の携わっているこの業界にも同じような関係はあるのではないか。お互いが腹の中で相手を軽蔑している関係が。

 購入者,使用者は「買ってやったんだ」とか「使ってやってるんだ」と思い,
 納入業者は「さんざっぱら買い叩いた上にわがままばっかり抜かしやがって」と思い,
 こういう構図は沢山ありそうに思う。俺にも勿論心当たりがある。

 物品の販売行為を俺はあまり積極的に行っていない。やらないこともないが俺の生息地は大して大きな街でもないのに業務用厨房メーカーの出先機関だけはよくこれで共倒れしないものだと感心したくなるくらい沢山あり,それぞれが直販の営業活動に精を出しているので俺のような者の割り込む余地などどうせないだろうと考えているからだ。
 だから業務は修繕が中心になるのだが,機材が故障して修理屋を呼ぶという行為にもこの「使ってやってるんだぞ」的な意識が透けて見える場面はよくある。そんな場面を俺自身が積み重ね,同業者とぼやき合ったりしていると,若いサービスマンがこの業界に定着しづらい状況の原因の一つはこういう関係性にあるのではないかと思うようになってきている。
 お金を支払う,という関係性の全てについて近年鼻につく傾向のように思うが,別に古事記が物乞いをしているわけではないのだ。代価を支払うという行為には本来以上に尊大な振る舞いが許容されているのではないか。もう一方の側が得意先に対して必要以上に迎合する姿勢がこういう関係や傾向を助長している面は確かにあるだろう。
 そして俺には勿論,こういう困った関係を改善できるだけの力はない。
Source: 厨房買取を東京、神奈川で展開する厨房買取.com